勃起不全が治ることを祈る男性

勃起不全が幻だったらいいのにな

勃起不全になってしまった、病院に行くのも恥ずかしい。朝、目が覚めたら治っていてくれ、と何度祈ったことか。眠りについたら夢にも出てきてもう限界…そこでついに薬で治すことを決意しました!あなたも悩まずチャレンジしませんか?

勃起不全が起こる原因と改善案

勃起不全が発生する原因は、一つではありません。
一般的には老化によって起きると考えられていますが、研究が進んだ結果、40代以下の比較的若い世代にも、発生するリスクとして再認定されました。

まず原因として考えられますのが、メタボリックシンドロームの影響です。
食べ過ぎや飲み過ぎによって生じるメタボリックシンドロームは、体型の変化だけではなく、様々な病気を併発させます。
高血圧症高脂血症、糖尿病といったリスクがメタボ体型によって生まれ、
それらの病気を患う事によって、勃起不全が下半身に生じる事があります。
メタボ体型由来の勃起不全の場合、改善策はシンプルです。
医師の指導による健康的なダイエットが、メタボ体型の解消に役立ちます。
勃起不全そのものを治療するのではなく、先に高脂血症の治療薬などを飲み始める事が大事です。

そして次に勃起不全の原因として考えられますのが、いわゆるうつ病になります。
うつ病は既に国民病とも呼ばれる程、日本人の間に蔓延している病気です。
過労や失恋、離婚、経済的な悩みからうつ病に陥る男性も増えて来ました。
うつ状態が長期化すると、セックスへの正常な欲求が減衰し、やがては勃起する意欲と機能までも衰えています。

心の問題が引き金となって発生した勃起不全は、心因性EDとも呼ばれています。
先の高血圧症や高脂血症による勃起不全よりも一見深刻そうに思われますが、改善案は極めて単純です。
心因性EDには勃起不全の治療薬がとてもよく効きます。
ED治療薬を飲む事で、ペニスの問題はたちまち改善し、下半身の問題が治る事で男らしさに自信が取り戻せ、間接的ではありますが、うつ状態にも良い影響が現れますので、お薬の摂取は専門医も推奨する効果的な改善案となります。